スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝家の宝刀 語源

「伝家の宝刀」の由来・語源



■伝家の宝刀(でんかのほうとう)
【意味】伝家の宝刀とは、いざというときに出す、とっておきの切り札のこと


■由来・語源
伝家の宝刀とは、ある家に代々家宝として伝えられてきた大切な刀(たいていは名刀)のことをいう

従って、やたら抜くものではなく、いざという時、いよいよという時になって、ようやく使用する刀である

他の表現で言うと、「切り札」「奥の手」といった所であろう

つまり、取っておきの手段、秘策などを実際の行動に移す時に使う言葉である


■その他、刀を語源とする言葉
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・反りが合わない
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・大上段に構える
・焼を入れる(やきをいれる)
・付け焼刃(つけやきば)
・目抜き通り(めぬきどうり)
など

反りが合わない 語源

「反りが合わない」の由来・語源



■反りが合わない(そりがあわない)
【意味】互いの考えや性格が違うため、気心が合わなかったり、うまくやっていけないこと


■由来・語源
「反り」は刀 の峰の反っている部分を意味する。古来、職人(刀鍛冶)の手造りによる刀の反りは一振(ふ)り一振り違っており、それに合わせて作る鞘(さや)も、一つ一つ異なっている。従って、ある刀を別の鞘に入れようとしても入らない。一対一対応となっている。

そうしたことから、人間関係、人の交友関係においても何となく「うちとけない」「気心が合わない」時に、「反りが合わない」と言うようになった


■その他、刀を語源とする言葉
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・大上段に構える
など

大上段に構える 語源

「大上段に構える」の由来・語源



■大上段に構える (だいじょうだんにかまえる)
相手に対して上からものを言うような、威圧的な態度を取ること


■由来・語源
刀の構えが語源となる。刀の構えには上段、中段、下段などがあり、大上段という構えはない。ただ、上段よりさらに高く刀を構え、大きく上から見下ろすような姿勢で刀を構える型をイメージしたものが『大上段』である。そうしたことから派生して、態度や言動が、やたらエラそうに上から目線で、相手を威圧するような姿勢を大上段に構えるというようになった


■その他、刀を語源とする言葉
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・鍔迫り合い(つばぜりあい)
・一太刀あびせる(ひとたちあびせる)
・太刀打ちできない(たちうちできない)
など

刀が語源の言葉

刀が由来・語源の言葉



■切羽詰まる(せっぱつまる)

■土壇場(どたんば)

■鎬を削る(しのぎをけずる)

■鍔迫り合い(つばぜりあい)

■太刀打ちできない(たちうちできない)

■一太刀あびせる(ひとたちあびせる)

■鞘当て(さやあて)

■大上段に構える(だいじょうだんにかまえる)

■焼を入れる(やきをいれる)

■付け焼刃(つけやきば)

■目抜き通り(めぬきどうり)

■相鎚を打つ(あいずちをうつ)

■とんちんかん

■折り紙付き(おりがみつき)

■反りが合わない(そりがあわない)

■元の鞘に収まる(もとのさやにおさまる)

■単刀直入(たんとうちょくにゅう)

■快刀乱麻(かいとうらんま)

■うっとり

■懐刀(ふところがたな)

■地金が出る(じがねがでる)

■身から出たサビ(みからでたさび)

■研ぎ澄ます(とぎすます)

■抜き打ち(ぬきうち)

■伝家の宝刀を抜く(でんかのほうとうをぬく)

■真打つ(しんうち)

■抜き差しならぬ(ぬきさしならぬ)

■真剣勝負(しんけんしょうぶ)

■真剣に取り組む(しんけんにとりくむ)

■諸刃の剣(もろはのつるぎ)

■一刀両断(いっとうりょうだん)

■横槍を入れる(よこやりをいれる)


出典『刀と日本語 刀からうまれた日本の言葉』(調所一郎)

助手席 語源

助手席の由来・語源



■助手席(じょしゅせき)は自動車で、運転席の隣の席のことをいう


■由来・語源
「助手席」の語源は、もともとはタクシー業界の業界用語だったとされる。タクシーが走り始めた大正時代、当時のタクシーには運転手ともう一人、客の乗り降りを手助けする人が乗った。当時のタクシーは外車で車高が高い上に、客は着物姿だったので乗り降りには手助けが必要であった。彼らは「助手さん」と呼ばれ運転席の隣に座っていたため、そこから「助手席」という言葉が生まれた。昭和に入って「助手さん」が同乗する習慣は消滅したが、言葉だけはそのまま残った


■1912年(明治45年)7月10日、東京市麹町区有楽町(現東京都千代田区有楽町)にタクシー自働車株式会社が設立され、8月5日から本社前でT型フォードを6台使用して旅客営業を開始した。これが日本における、自動車を使用したタクシーの最初の営業であったとされる
プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。