スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根回し 語源

根回しの由来・語源



■根回しとは、関係者に 意図や事情などを説明し、ある程度までの了解を事前に得ておくこと


■由来・語源
根回(ねまわ)しは、元々は園芸用語である。樹木を移植する際に周囲をあらかじめ掘って値を一部切り落とし、細根を発達させておくことから、意味が転じた語である


■樹木の移植に関する根回しの作業
成長した樹木を移植する場合、根系を傷めることから、活着できずに枯死したり生育不良に陥る場合が多い。これを避けるために、半年前から1年程度前に、根元近くの太い根を切断し、切断部周辺から活発な新しい根の生育を促す。新しい根は、水分や養分をより活発に吸収することから、移植先でも活着することが期待できる


■根回しの類似語
・事前工作
・水面下での交渉
・隠密任務
・秘密任務
・諜報工作
・秘密工作
・裏工作
・ロビー活動
・隠密行動
など

二輪草 語源

二輪草(ニリンソウ)の由来・語源



■二輪草(ニリンソウ)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。春山を代表する花のひとつである


■由来・語源
2輪ずつ咲くことが名前の由来。多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっているが、まれに1輪や3輪のものもある


■特徴
根茎で増えるため、群落を作ることが多い。別名が、「フクベラ・ガショウソウ」


■分布と生育環境
東アジア(樺太、朝鮮、中国(北部・東北地方)、ウスリー地方、日本)に分布する。日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育する。基準標本はサハリンのもの


■日本の歌手・川中美幸のシングルに「二輪草」(にりんそう)がある。1997年1月1日発売。発売元はテイチクエンタテインメント。第40回日本レコード大賞優秀作品賞・編曲賞受賞曲

バブル 語源

バブル経済の由来・語源



■バブル経済(バブルけいざい)とは、概ね不動産や株式をはじめとした時価資産価格が、投機によって経済成長以上のペースで高騰して実体経済から大幅にかけ離れ、しかもそれ以上は投機によっても支えきれなくなるまでの経済状態を指す

経済学の定義では、バブルとは「ファンダメンタルズ価格(理論価格)から離れた資産価格の動き」とされている


■由来・語源
1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった、南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん、英語: South Sea Bubble)がバブルの語源となった


■南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん)は、1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった投機ブームによる株価の急騰と暴落、およびそれに続く混乱を指すが、主に損害を蒙ったのはフランスであった


■ロバート・ウォルポールがこの混乱を収拾、政治家として名をあげる契機となった


■初代オーフォード伯爵ロバート・ウォルポール略歴・経歴(プロフィール)
【1676年8月26日 - 1745年3月18日)】イギリスの政治家、貴族。1701年にホイッグ党の庶民院議員に当選して政界入り。高い討論力で頭角を現し、ホイッグ党政権(あるいはホイッグ党参加政権)で閣僚職を歴任した

横槍を入れる 語源

「横槍を入れる」の由来・語源



■横槍を入れる(よこやりをいれる)
【意味】他の人が話をしたり、何かをしているときに、横から第三者が口を出したり、邪魔をすること


■由来・語源
もともと、戦場で相対して戦っている所に、別の者が横から槍でちょっかいを出し、それが相対している二人に迷惑になったことから生まれた表現である

そこから、第三者が横から人の話や行動に口を出し、これを妨害することを意味するようになった


■その他、刀を語源とする言葉
・とんちんかん
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・快刀乱麻(かいとうらんま)
・うっとり
・折り紙付き(おりがみつき)
・諸刃の剣(もろはのつるぎ)
・真剣勝負(しんけんしょうぶ)
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・諸刃の剣(もろはのつるぎ)
など

真剣勝負 語源

「真剣勝負」の由来・語源



■真剣勝負(しんけんしょうぶ)
【意味】本気で闘うこと。また、本気で物事に取り組むこと


■由来・語源
「真剣」は木刀(ぼくとう)や竹刀(しない)ではなく、きちんと鉄を鍛(きた)えて作った本身(ほんみ)の刀のこと。その真剣を使って命がけで勝負をすることから転じて、本気で物事を行うさまをいうようになった


■その他、刀を語源とする言葉
・とんちんかん
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・反りが合わない(そりがあわない)
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・伝家の宝刀(でんかのほうとう)
・折り紙付き(おりがみつき)
・元の鞘に収まる(もとのさやにおさまる)
・大上段に構える(だいじょうだんにかまえる)
・諸刃の剣(もろはのつるぎ)
・横槍を入れる(よこやりをいれる)
など
プロフィール

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。