スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山を張る 語源

「山を張る」の由来・語源



■山を張る(山を掛ける)
リスクの大きい賭けの勝負に出ること。「山」は「鉱山」のことで、「山を掛ける」「山を張る」は金や銀など貴重な鉱脈のありそうな山を予想して、そこへ採掘資金をつぎ込むことをいった


■語源
鉱山を切り開くために山の中で地下鉱脈を探す仕事を「山師」と呼んだ。「山を張る」という言葉はこの「山師」が勘と経験を頼りに鉱脈を探し当てる様子から生まれた言葉である


■「山を張る」の類似語
山勘、目星をつける、 当たりをつける 、推測する、 推定する、予想する、想定するなど


■鉱山(こうざん)とは、資源として有用な鉱物を採掘・選鉱・製錬し、主として工業用の原料として供給する事業所の事を指す。基本的には日本の鉱業法に基づく鉱物を採掘する事業所に、採石場、石切場などを加えたものが広い意味での鉱山といえる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。