スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸際 語源

「瀬戸際」の由来・語源



■瀬戸際(せとぎわ)は、物事の成功・失敗の分かれ目。また、安危の分かれ目という意味


■語源
「瀬戸」はあて字で、「瀬戸」と表記されるようになったのは近世以降である。元々は狭門(せと)という字が使われた。両側の陸地が接近して海が狭くなっている所。「際」は境界となるところ、境目の部分を意味する言葉で、瀬戸際は「狭い海峡と海との境目」が本来の意味。そこから、重要な分岐点、物事の分かれ目を瀬戸際というようになった


■瀬戸際の類似語
土俵ぎわ、土俵際、土壇場、どたん場、九死、絶体絶命、危機一髪、剣ヶ峰、剣が峰、ピンチ、虎口、越えてはならない一線、超えちゃいけない一線、超えちゃいけないライン、超えてはいけないライン、 限界、 リミット、制限、ギリギリ、 ギリギリのライン、最後の一線、最終ラインなど
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。