スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しちめんどう 語源

「しちめんどう」の由来・語源



■「しちめんどう」の意味
とてもめんどうな様子


■由来・語源
漢字で書くと「七面倒」となる。この「七」は当て字で時刻とは無関係。この「七」は、程度を強める働きを持つ言葉である。七面倒 (しちめんどう)は「面倒」を強調した言葉。シチは程度 を強める接頭語で、わずらわしくて嫌だという意味を添える


■「七面鳥(しちめんちょう)料理は、手間が掛かって大変」と言うところから出来た言葉である

七面鳥(しちめんちょう)は、鶏に比べて肉質が良く美味しいが、その分、太い骨や羽を処理するのが大変。クリスマスなどで七面鳥料理を作ると、疲労で倒れてしまいそうになることから「七面鳥倒れ」とも呼ばれ、「鳥(ちょう)」と「倒(どう)」の読みが重なって「七面倒(しちめんどう)」になったとされる
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。