FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣ヶ峰 語源

「剣ヶ峰」の由来・語源



■剣が峰(けんがみね)は、火山の噴火口の周縁が原義であり、特に富士山の山頂を指す名称であった


■語源
火山の噴火口の際に立つと、転落する危険がある。ここから、「剣ヶ峰」が生死の分かれ目を指す様になり、更に余裕がなくギリギリの状態、成功か失敗かの瀬戸際を「剣ヶ峰」と言う様になった

相撲界(すもうかい)では土俵の俵の上のことをさす。ここまで追いつめられるとまったくあとがない。したがって,助かるか助からないかの瀬戸際のこともいう


■中国語における剣峰は、雲南省の景勝地である石林で地名として見ることができる。それは険しく切り立った峰のような形の巨岩であり、そういった形状をした夥しい数の岩群であるが、日本語の「剣ヶ峰」がそうであるように、「剣峰」は石林のものに限った地名でない可能性もある
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。