スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小牧市 由来

「小牧市」の由来・語源



■小牧市(こまきし)は、愛知県の北西部に位置する市である


■由来・語源
市名の由来は、合併前の小牧町に由来する。また「小牧の地名」には以下の由来が残っている

①元々小牧山の辺りまで海が広がっており、この山を見て船に乗っている人が帆を巻いた事から、この山の名称が「帆巻山」(ほまきやま)と付けられ、それが転じて「小牧」(こまき)となった

②このあたりで中世盛んに馬市が行なわれた為、それに関係する言葉である「駒来」(こまき、"駒"は"馬"を意味する言葉でもある)が転じて「小牧」(こまき)となった


■小牧山(こまきやま)は、愛知県小牧市にある標高86mの山。かつて織田信長の居城であった、小牧山城(日本の城)があった。小牧・長久手の戦いの舞台となったことでも知られる

現在は山全体が公園となっており、桜の名所としても知られる。公園の分類は「史跡公園」。南部には県営名古屋空港の一部や航空自衛隊小牧基地が、東部には桃花台ニュータウンがある
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。