スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬山市 由来

「犬山市」の由来・語源



■犬山市(いぬやまし)は、愛知県北西部の市。「尾張の小京都」と称される歴史のある都市である


■地名の由来・語源
『郷土読本犬山』によると犬山の地名の語源には以下の3説がある

①犬を使った狩りに最適だったことから「いぬやま」に

②平安時代の丹羽郡小野郷が山間部であるということから小野山から転じて「いぬやま」に

③大縣神社(おおあがたじんじゃ)の祭神「大荒田命」が犬山の針綱神社(はりつなじんじゃ)の祭神の一人玉姫命の父にあたり、大縣神社から見て犬山が戌亥の方角に当ることから、「いぬいやま」が転じて「いぬやま」に

「犬山」の表記で最古期の文献は1336年の『南山巡狩録』などがある


■大縣神社(おおあがたじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。旧社格は、式内社(名神大)・尾張国二の宮・旧国幣中社・別表神社

■針綱神社(はりつなじんじゃ)は、愛知県犬山市にある神社である。東海鎮護、水産拓殖、五穀豊饒、厄除、安産、長命の神として、濃尾の総鎮守とされている。安産、子授けにご利益があるという
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。