スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匙を投げる 語源

匙を投げる(さじをなげる)の由来・語源



■匙を投げる(さじをなげる)の意味
さじは、薬を調合する匙のことである。 患者の治療方法が見つからず、医者(漢方医)が 匙を投げ出すことから、これ以上の治療はないと見切りをつけることを「さじを投げる」と言った


■匙を投げる(さじをなげる)の由来、語源
漢方医が、これ以上患者を治療する方法がないと、薬を調合するための匙を投げ出して患者を見放すことから


■匙(さじ)とは、食品や薬品をすくい取ったり、混ぜたり、量ったり、潰したりする道具のこと。主に、料理を食べるときの食器として使われる。スプーンともいう


■素材は、ステンレス・金・銀、真鍮やニッケルなどをめっきしたものなど金属製のものが多いが、木製や陶器製のもの、角や骨を材料に使う地域もある


■ヨーロッパでは、新石器時代に使われた陶器製や骨を削ったスプーンが発掘されている
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。