一宮市 由来

一宮市の由来・語源



■一宮市(いちのみやし)は、愛知県北西部(尾張地方)の市である


■地名の由来
「一宮市」という名前は尾張国の一宮である「真清田神社」があることに由来する。他地域の「一宮」と区別するため、尾張一宮とも呼ばれる


■一宮(いちのみや)とは、ある地域の中で最も社格の高いとされる神社のことである


■通常単に「一宮」といった場合は、令制国(りょうせいこく)の一宮を指すことが多い。一宮の次に社格が高い神社を二宮、さらにその次を三宮のように呼び、更に一部の国では四宮以下が定められていた事例もある


■真清田神社(ますみだじんじゃ)は、愛知県一宮市真清田にある神社。式内社(名神大社)、尾張国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社

国の登録有形文化財に登録されている。また国の重要文化財の木造舞楽面12面・台盤20枚を始めとして、多くの文化財も伝世する
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR