スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二輪草 語源

二輪草(ニリンソウ)の由来・語源



■二輪草(ニリンソウ)はキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。春山を代表する花のひとつである


■由来・語源
2輪ずつ咲くことが名前の由来。多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっているが、まれに1輪や3輪のものもある


■特徴
根茎で増えるため、群落を作ることが多い。別名が、「フクベラ・ガショウソウ」


■分布と生育環境
東アジア(樺太、朝鮮、中国(北部・東北地方)、ウスリー地方、日本)に分布する。日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育する。基準標本はサハリンのもの


■日本の歌手・川中美幸のシングルに「二輪草」(にりんそう)がある。1997年1月1日発売。発売元はテイチクエンタテインメント。第40回日本レコード大賞優秀作品賞・編曲賞受賞曲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。