スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブル 語源

バブル経済の由来・語源



■バブル経済(バブルけいざい)とは、概ね不動産や株式をはじめとした時価資産価格が、投機によって経済成長以上のペースで高騰して実体経済から大幅にかけ離れ、しかもそれ以上は投機によっても支えきれなくなるまでの経済状態を指す

経済学の定義では、バブルとは「ファンダメンタルズ価格(理論価格)から離れた資産価格の動き」とされている


■由来・語源
1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった、南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん、英語: South Sea Bubble)がバブルの語源となった


■南海泡沫事件(なんかいほうまつじけん)は、1720年にグレートブリテン王国(イギリス)で起こった投機ブームによる株価の急騰と暴落、およびそれに続く混乱を指すが、主に損害を蒙ったのはフランスであった


■ロバート・ウォルポールがこの混乱を収拾、政治家として名をあげる契機となった


■初代オーフォード伯爵ロバート・ウォルポール略歴・経歴(プロフィール)
【1676年8月26日 - 1745年3月18日)】イギリスの政治家、貴族。1701年にホイッグ党の庶民院議員に当選して政界入り。高い討論力で頭角を現し、ホイッグ党政権(あるいはホイッグ党参加政権)で閣僚職を歴任した
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。