スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横槍を入れる 語源

「横槍を入れる」の由来・語源



■横槍を入れる(よこやりをいれる)
【意味】他の人が話をしたり、何かをしているときに、横から第三者が口を出したり、邪魔をすること


■由来・語源
もともと、戦場で相対して戦っている所に、別の者が横から槍でちょっかいを出し、それが相対している二人に迷惑になったことから生まれた表現である

そこから、第三者が横から人の話や行動に口を出し、これを妨害することを意味するようになった


■その他、刀を語源とする言葉
・とんちんかん
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・快刀乱麻(かいとうらんま)
・うっとり
・折り紙付き(おりがみつき)
・諸刃の剣(もろはのつるぎ)
・真剣勝負(しんけんしょうぶ)
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・諸刃の剣(もろはのつるぎ)
など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。