スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝家の宝刀 語源

「伝家の宝刀」の由来・語源



■伝家の宝刀(でんかのほうとう)
【意味】伝家の宝刀とは、いざというときに出す、とっておきの切り札のこと


■由来・語源
伝家の宝刀とは、ある家に代々家宝として伝えられてきた大切な刀(たいていは名刀)のことをいう

従って、やたら抜くものではなく、いざという時、いよいよという時になって、ようやく使用する刀である

他の表現で言うと、「切り札」「奥の手」といった所であろう

つまり、取っておきの手段、秘策などを実際の行動に移す時に使う言葉である


■その他、刀を語源とする言葉
・鞘当て(さやあて)
・土壇場(どたんば)
・反りが合わない
・切羽詰まる(せっぱつまる)
・鎬を削る(しのぎをけずる)
・大上段に構える
・焼を入れる(やきをいれる)
・付け焼刃(つけやきば)
・目抜き通り(めぬきどうり)
など
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。