スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収賄 語源

収賄の由来・語源



■収賄罪(しゅうわいざい)は公務員または仲裁人がその担当する職務に関連して賄賂を収受、要求、約束したり、またその結果として不正な行為をしたりしたときなどに成立する犯罪 (刑法)


■司馬遼太郎の言う如く「収賄」とはもともと中国の言葉で、金額的には、国家予算の半分ぐらいを私服することを言うのである
出典『歴史通』(著者:谷沢永一)


■谷沢永一は、日本は有史以来、為政者が国家的規模で「収賄」をした事実は一度もないと主張する


略歴・経歴(プロフィール)
■谷沢永一(たにざわ・ えいいち)
【1929年~2011年】日本の文芸評論家、書誌学者。関西大学名誉教授。専門は日本文学(近代)。大阪府大阪市出身。著書『人間通』『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する』など


略歴・経歴(プロフィール)
■司馬遼太郎(しば・りょうたろう)
【1923年~1996年】日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家。本名:福田定一(ふくだていいち)。大阪生まれ。産経新聞社記者として在職中に、『梟の城』で直木賞を受賞。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』など多くがあり、戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。『街道をゆく』をはじめとする多数のエッセイなどでも活発な文明批評を行った
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。