スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たまや」と「かぎや」の由来・語源

花火を見て「たまや-」「かぎやー」と掛け声をかける由来・語源



■漢字で書くと「玉屋」「鍵屋」となる
玉屋と鍵屋は江戸時代に有名だった花火師の屋号である

隅田川(江戸)の花火を発展させた二大花火師と呼ばれた

古川柳に「花火屋は何れも稲荷の氏子なり」という一句がある

これは鍵屋の守護神であるお稲荷さんの狐が、一方は鍵をくわえ、一方は玉をくわえていたところから、この鍵をとって創業の際に屋号にしたことを詠んだもので、当時花火屋といえば鍵屋を指していた

鍵屋の七代目が番頭の清七にのれん分けする際、屋号に玉屋を与えた

それ以降、両国の川開きでは両国橋をはさんで上流を玉屋が下流を鍵屋が受け持つようになった

川の上下に船を出して競演し、「鍵屋あー」「玉屋あー」と江戸の人々に声をかけたのが掛け声のルーツ

玉屋の人気は鍵屋をしのぐほど高かったが玉屋は不慮の失火により江戸所払いとなり、鍵屋は現在に至っている


■株式会社宗家花火鍵屋の所在地
・東京都江戸川区東小松川2-28-21

■宗家花火鍵屋の代表取締役社長 天野修 

■宗家花火鍵屋15代目 天野安喜子(あまの・あきこ)
スポンサーサイト

烏賊 語源

烏賊の由来・語源



■烏賊(いか)は、海生軟体動物の一群である


■由来・語源
漢字の由来は、いつも水面に浮かんで死んでいるように見えるため、それをカラスがつい ばもうとするとイカは腕を伸ばして巻きつき、カラスを捕らえるという中国の言い伝えによるもの。カラスにとって恐ろしい賊のようなものという意味から、「烏賊」と表記されるようになった

黒い墨を吐き出すことから黒を意味する「烏」の賊という字があてられたとの説もある

「いか」の語源については、いかめしい形に由来するとの説などがあるが、はっきりとしていない


■イカは魚類などより飼育が難しいため、一般的な趣味とはなりえていないが、一部の水族館では展示が行われている


■ホタルイカの群遊海面がある富山県では、ホタルイカ漁が観光資源として生かされている。漁期には、青白く光るホタルイカが漁獲される様子を間近に見られる他、滑川市の博物館「ほたるいかミュージアム」や魚津水族館で捕獲個体が展示される

つきみ野 由来

つきみ野の由来・語源



■つきみ野(つきみの)は、神奈川県大和市の地名。一丁目から八丁目まである


■地名の由来
当地域に月見草(つきみそう)が生い茂っていたことから「つきみ野」とした


■つきみ野は大和市北部に位置する。全域が東急電鉄による多摩田園都市の一環として開発された住宅街となっており、地域の中央に東急田園都市線つきみ野駅がある


■1976年(昭和51年)10月15日 東急田園都市線の延伸により、つきみ野駅開業


■駅名の由来
駅周辺に月見草が生い茂っていたため、「つきみ野」と名付けた。なお、開発と同時期に遺跡発掘が行われ、この遺跡は「月見野遺跡群」と命名された


■当地周辺は鎌倉時代より東海道の脇街道の小宿場町として「下鶴間村」という名前のあった歴史ある地であり、現在のつきみ野付近は下鶴間の田園地帯の一部であった
プロフィール

originetymology

Author:originetymology
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。